ニュース&トピックス                                                News & topics                        

【訃報】 Joost J. Oppenheim博士

松島名誉会員よりお知らせがありました。以下松島先生の追悼の言葉をご紹介いたします。ニュースレターでも改めてご紹介いたします。

「悲しい知らせが入りました。国際サイトカイン・インターフェロン学会の終身名誉会員であり私にとりましては研究の師でありますDr. Joost J. Oppenheim/JJOがこの5月14日に逝去したとの連絡が家族からありました。

IL 1のI Geryとの先駆的免疫学的仕事、私とのIL 1の精製・IL 1beta活性体の同定=ICE/Caspase 1 cleavage siteの同定とケモカインのプロトタイプ(IL -8/CXCL8&MCAF/CCL2)の発見,Alarmin(HMGN-1)の抗腫瘍免疫作用などに関する業績を残し、HMGN1の抗がん剤・DC活性化剤としての開発を夢見ながら尿管がんのためになくなりました。添付の、彼と共著で国際サイトカイン・インターフェロン学会の学会誌であるCytokineにInterleukin-8: An evolving chemokineというIL-8の発見から現在までのreviewをともに書いたのが最後の科学論文になりました。

この40年間近く、ともに研究してきた大事なmentorであり、あたかもアメリカにいる実の父親のような存在であったJJOを失った悲しみは、今までの誰の死より大きなショックであります。なんとか彼の遺志を受け継ぎ、HMGN1の臨床開発をやり遂げるべく努めたいと思います。」

松島先生の追悼文はこちらをご覧下さい。

​岩倉名誉会員とOppenheim博士のお写真はこちら。

ICIS2022トラベルアワード受賞者が決定しました。

関西医科大学 附属生命医学研究所 村山 正承先生

 The CTRP3-AdipoR2 axis regulates the development of multiple sclerosis model mice by suppressing Th17 cell differentiation \b0

東京大学 大学院農学生命科学研究科 三原 大輝先生

 Novel osteoporosis mechanism: liver-bone crosstalk mediated by fibroblast growth factor 23 \b0

Ka Man Tse   Graduate School of Medicine, Kyoto University  

 Manipulating the expression of Regnase-1 by stem-loop-targeting antisense oligonucleotides to counteract inflammatory diseases \b0

 TIAN YIRAN  Graduate School of Agricultural and Life Science, The Unversity of Tokyo

 Analysis of the Role of the Glycan Recognition Molecule Galectin-4 in the Development of Gastric Cancer 

ICIS2022での発表と活発な討論をお願いいたします。

吉村JSICR会長がICIS-Pfizer賞を受賞。

2022 ICIS-Pfizer Award for Excellence in Cytokine & Interferon Research (以前のSeymour & Vivian Milstein Award)を、JSICR現会長の吉村昭彦先生が受賞されました。
https://cytokinesociety.org/akihiko-yoshimura-pfizer-award/
ICIS awardは日本のサイトカイン研究では1988年に谷口維紹先生、2006年に藤田尚志先生、2007年に審良静男先生らが受賞されています。

第18回JSICR学会奨励賞募集のお知らせ。詳しくはリンク先を見てください5/2締め切り

2022国際サイトカイン学会のお知らせ。9月ハワイでILC4とのジョイントで行われます。abstractの締め切りは5/1。JSICRではJSICR/MMCB学術集会の演題の中から若干名にICIS2022のトラベルアワード(Web参加費)を授与します。演題応募時にICIS2022トラベルアワードに応募したい旨メールで事務局 infojsicr@gmail.com へおしらせください。

ーーーーーーーー
2022年度会費納入と値下げのお知らせ

2022.2.7

2022年度(4月)より会費を正会員3000円、学生会員1000円に値下げいたします。会費納入、マイページは入会案内の会員専用ページより。この機会にぜひJSICRにご入会ください。

ーーーーー

2022年学術集会のお知らせ

第86回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(大会長 角田 茂(東京大学大学院農学生命科学研究科))を下記の日程で開催いたします。

JSICR/MMCB 2022 合同シンポジウム

開催:2022年6月9日(木)、6月10日(金) 
会場:東京大学弥生講堂
ホームページはこちら
https://www2.aeplan.co.jp/jsicr-mmcb2022/

 

第28回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム(MMCB)
大会長:田中 正人(東京薬科大学生命科学部免疫制御学研究室)

​との合同大会になります!

-------------

2022.2.8 : JSICR Newsletter 最新号No. 48号 を掲載しました。皆様、是非ご覧ください。


--------------

2021.7.21

会員専用ページを開設しています。

会員の皆様はぜひ更新、会費納付をお願いします。

​新規入会も簡単です。この機会にぜひよろしくお願いします。

クレジットカードもしくは銀行振込で会費を納入できます。領収書もすぐに発行。

これまでの会費納入状況を確認することができます。

マイページで自分の所属や連絡先を変更できます

年会の参加費が安くなるだけでなくニュースレターやメールを通じて様々な情報を入手可能です。

ふるってご入会ください。

-------------------

2021.3.16: 第17回JSICR学会奨励賞募集のお知らせ (締め切り4月30日)

 

2021. 3.15:  第85回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(大会長 善本隆之先生(東京医科大学 医学総合研究所 免疫制御研究部門)を下記の日程で開催いたします。

日時 2021年5月21&22日

場所 東京医科大学新病院9階 臨床講堂
https://jsicr85.secand.net/index.html

2019.5.8 : JSICR Newsletter 最新号No. 47号 を掲載しました。皆様、是非ご覧ください。

2018.10.5 "NEW" : 2018年『ノーベル生理学・医学賞 』ご受賞、おめでとうございます。

本学会の名誉会員の本庶 佑先生 (京都大学大学院 医学研究科 免疫ゲノム医学講座)が2018年の『ノーベル生理学・医学賞 』(免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用)をご受賞されました。本学会員一同、本受賞を心よりお祝い申し上げます。

2017.11.2: JSICRのロゴ(今まで本学会にロゴがございませんでした。今回会員の皆様にネットを通してご投票頂いた上で、総会で最終決定いたしました。)が決まりました。みなさまがいろいろな場所でご使用いただき、JSICRを広くご宣伝ください(パワーポイントのダウンロードはこちらから)。

​2016.12.1:JSICRホームページをリニューアルしました。

入会者募集中!

会員の皆様へは、弊会の年報および各種の通知により最新の情報をお届けするとともに、講演会その他の催し事へご参加いただき、ご好評を頂いております。

詳しくは事務局まで

JSICR事務局 担当 柳井、吉村

日本インターフェロン・サイトカイン学会(JSICR)事務局 

会長 吉村 昭彦

慶應義塾大学医学部微生物学免疫学教室

〒160-8582 
新宿区信濃町35 東校舎4F

TEL: 03-5363-3483
FAX: 03-5360-1508

Email:infojsicr@gmail.com

Email:yoshimura@keio.jp